1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. ライフステージ >
  3. 病気・けが >
  4. 国民健康保険制度とは
  1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. 業務・分野でさがす >
  3. 保険・年金・介護 >
  4. 国民健康保険 >
  5. 国民健康保険制度とは

国民健康保険制度とは

概要

いつ起こるかわからない病気やけがに備えて、すべての人はいずれかの医療保険制度に加入しなければなりません。

医療保険には、大きく分けて二つの種類があります。職場の医療保険(健康保険・共済組合など)と、市区町村が運営する国民健康保険です。
国民健康保険(以下国保)には、自営業主・農林漁業従事者・無職の人など、職場の医療保険に加入していない人が加入します。

医療保険は、生まれてから一生加入していなければならないものです。もし、現在どの医療保険にも加入していなければ、住民登録をなさっている市区町村の国保に加入することになりますので、急いで手続きをしてください。

国保の加入日は、前の健康保険の資格がなくなった日まで遡ります。手続きが遅れると、保険料をまとめてご請求するようになります。

保険証(国民健康保険被保険者証)について

国保に加入されている方には、国民健康保険被保険者証(保険証)をお渡しします。保険証は一般用と退職者医療制度用の2種類あります。

保険証(国民健康保険被保険者証)について

保険証は加入者1人につき1枚交付されます。
被保険者氏名に名前がある方が、その保険証を使用できます。
世帯主名には国保に加入しているかどうかに関わらず、世帯主の名前が記載されます (世帯主が職場の医療保険に加入していても同様です。)

保険証は個人ごとの発行になりますが、保険料は世帯単位で計算し、世帯主に通知します。
退職者医療制度に該当された方には、専用の保険証が交付されます。保険証の左上に〇退及び本人または家族文字が記載されます。医療機関での窓口負担は一般用の保険証と同様です。

(※退職者医療制度は平成20年4月の医療制度改革に伴って廃止となり、平成26年度末までの経過措置期間が終了したため、平成27年度以降の新規適用はありません。ただし、平成26年度末までの対象者で、この制度の該当になることが判明した場合は適用し、65歳到達までは資格が継続されます。)

保険証の有効期限について

保険証は10月1日を起点に、1年ごとの更新となります。
9月30日より前に、75歳の誕生日を迎えられる方は、75歳の誕生日が有効期限として記載されます。75歳以上の方は、長寿医療制度(後期高齢者医療保険制度)の対象となります。

退職者医療制度該当の方で、9月30日より前に、65歳の誕生日を迎えられる方(「〇退(家族)」と記載されている方も同様)は、65歳の誕生月の末日が有効期限として記載されます。(誕生日が1日の方は前月末)翌月からは、一般となり、一般保険証は、65歳の誕生月の後半に郵送にてお送りいたします。
有効期限が切れた保険証は、役場本庁舎・総合窓口または、津和野庁舎・健康福祉課に返却してください。

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページのお問い合わせ先
健康福祉課
電話番号:0856-72-0651
FAX番号:0856-72-1650
このページの先頭へ