1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. ライフステージ >
  3. 障がい・福祉 >
  4. 福祉医療って?
  1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. 業務・分野でさがす >
  3. 福祉 >
  4. 障がい者助成 >
  5. 福祉医療って?

福祉医療って?

下記に該当する方が対象となります。

対象者

対象となる要件

所得制限

ねたきり者

65歳以上で3ヶ月以上寝たきり状態であり、他人の介護が必要な方

特別障がい者手当の所得制限を準用します。
例:扶養親族がいない場合、年間所得3,604千円以下の方は助成対象となります。

20歳未満の方は所得制限がありません。

重度知的障がい者

療育手帳Aをお持ちの方

重度身体障がい者

身体障がい者手帳1級または2級をお持ちの方

重複重度障がい者

身体障がい者手帳3級または4級+IQ50以下の方

ひとり親家庭

死別や離婚などで配偶者のいない男子または女子で18歳未満又は、高校3学年終了までの児童を養育している者とその児童

所得税非課税世帯が対象です。(世帯の考え方は児童扶養手当を準用します。)

助成の範囲

医療費の一部負担金が総医療費の1割に軽減されます。
また、1医療機関1月ごと入院・通院別に一部負担金の限度額があります。

山口・鳥取の一部で適用になります

島根県内の病院や薬局の窓口で所定の資格証を提示すると治療費の窓口負担が少なくなる福祉医療費助成制度と、乳幼児等医療費助成制度(県制度)の2つが平成24年11月から山口県と鳥取県の一部の医療機関でもご利用いただけるようになります。

対象となる医療機関で資格証を提示すると窓口でのお支払いを安くすることができるようになります。
ただし、津和野町が独自に行っている子ども等医療費助成制度分については、島根県の乳幼児等医療費助成制度に津和野町が独自に医療費の助成をしているため、いったん、医療機関窓口でお支払いいただいた後、役場窓口で助成申請を忘れずに行ってください。

現在、適用となっていない子ども等医療費助成制度についても、適用範囲を広げていく予定となっております。

乳幼児等医療に関する詳しい情報は、下記関連情報のページをご覧ください。 

対象者 通院 入院
町民税非課税世帯に属する方 4,000円 7,500円
町民税課税世帯に属する方 12,000円 40,200円
20歳未満の方 1,000円 2,000円

※薬局で費用の負担はありません。
※入院時食事療養費の標準負担額は助成の対象ではありません。

関連情報
このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページのお問い合わせ先
健康福祉課
電話番号:0856-72-0651
FAX番号:0856-72-1650
このページの先頭へ