弥栄神社

弥栄神社の外観写真津和野川にかかる大橋の西詰に立つ鳥居を入ると境内である。

もと滝本祗園社といい、太鼓谷の山上にあったが、室町時代の正長元年(1428)、時の領主吉見弘信が、城の鬼門鎮護のため現在地に移した。

その後享禄元年(1528)、吉見正頼が、山城国の八坂神社(京都市)から改めて分霊を勧請したという。慶応三年(1867)、現社号に改めた。

小社だが、当社に伝わる古典芸能神事鷺舞は、県を代表する神社として全国的に有名である。
毎年7月20日・24日・27日の3日間催されるが、当日は多くの見物客でにぎわう。この舞は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

地図情報
このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページのお問い合わせ先
津和野町教育委員会
電話番号:0856-72-1854
FAX番号:0856-72-1650
このページの先頭へ