1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. 業務・分野でさがす >
  3. 育児・教育 >
  4. 小学校・中学校 >
  5. 島根県における情報教育と教育トレンドを徹底議論「SEA教育フォーラム2017 津和野」を開催しました
  1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. 事業者向け情報 >
  3. 企業誘致・支援 >
  4. 島根県における情報教育と教育トレンドを徹底議論「SEA教育フォーラム2017 津和野」を開催しました
  1. 町民向け情報(津和野町トップ) >
  2. イベントカレンダー >
  3. 島根県における情報教育と教育トレンドを徹底議論「SEA教育フォーラム2017 津和野」を開催しました

島根県における情報教育と教育トレンドを徹底議論「SEA教育フォーラム2017 津和野」

SEA2017

フォーラムを開催しました

フォーラムの様子IT技術者を育成する立場にある企業の担当者や大学教授、現役エンジニアら総勢22名が参加し、日ごろの課題や育成方法等に関する話し合うフォーラムが、平成29年8月25・26日の2日間にわたり森鴎外記念館で開催されました。

このフォーラムはIT技術の健全な発展をめざし活動しているソフトウェア技術者協会・教育分科会と津和野町の呼びかけにより開催。人材不足がさけばれるIT技術者の育成へむけ、その指導方法や現場での取り組み事例の発表が行われました。

その中で、山梨大学で電気工学を指導する塙(ハナワ)教授は、大学の講義の前に授業概要を事前に学生にオンライン学習を実施、大学の講義では事前学習に基づいた深堀を行う「反転授業(はんてんじゅぎょう)」と呼ばれる指導方法を紹介。数年にわたる取り組みの結果、学生の理解度が大幅に向上した結果が得られたといった学習効果の高さについて報告がありました。

その他にも、企業での人材育成の方法論や島根県内の浜田と松江の2つの商業高校の人材育成に関する取り組みなども紹介され、発表中に参加者から質問や内容に対しての改善案などの具体的な意見がだされるなど発表を通じて、今後の取り組みに大きな刺激をうけたフォーラムとなりました。

【終了しています】開催情報

ソフトウェア技術者協会・教育分科会(SIGEDU)では、グローバルな情報通信社会におけるソフトウェア技術者や情報処理技術者をはじめ、広く一般の技術者育成および教育について、官民・産学を問わず各方面の方々と共に研究活動を展開しております。

2015年8月に島根県・津和野町において、島根県の高等学校におけるIT教育担当者との関係者、教育分科会メンバを交えてIT人材育成をキーワードに合宿形式でフォーラムを開催いたしました。31 名の参加を得て、遅くまで議論で盛り上がりました。

あれから2年が経過しましたが、その間、Ruby言語を核とした島根県のIT施策は益々盛り上がりを見せ、それに伴いエンジニアの確保や育成にも一層力が入っています。

今回のフォーラムでは、取組み事例を通じて教育現場の実態や課題の共有化を図り、教育方法論等を通じて。課題解決ができるよう幅広く意見交換ができればと思っております。関係者の参画を楽しみにしております。

日程

2017年8月25日(金)~8 月26 日(土) 【現地集合、現地解散】
8月25日は13:00 受付開始/26 日は12:00 頃解散(予定)

各プログラム等は開催案内をご覧ください。

場所

森鴎外記念館 会議室(島根県鹿足郡津和野町町田イ238

参加申し込み・お問い合わせ

sigedu-entry@sea.jp

主催・後援
【主催】津和野町、ソフトウェア技術者協会教育分科会
【後援】島根県

平成29年に開催されたフォーラムの様子を動画で公開しています。

平成27年に開催された前回の開催の様子を公開しています。

関連情報
ダウンロード
※添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
地図情報
このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?
このページのお問い合わせ先
つわの暮らし推進課
電話番号:0856-74-0092
FAX番号:0856-74-0002
このページの先頭へ